ED(勃起不全)ケアとシアリスの情報サイト
日本新薬のEDケアサポート
EDの原因とタイプ

シアリスは医師の処方が必要な医薬品です。
インターネットなどでの個人輸入による
シアリスの安易な使用はお控えください。

ED(勃起不全)ケアとシアリスの情報サイト 日本新薬のEDケアサポート EDの原因とタイプ

印刷用ページへ

なぜEDに? EDの原因にもさまざまある

 性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。

神経と血管が正常に働くことによって「勃起」する

ページ先頭へ

動脈硬化の進行や神経に障害がある場合(器質性ED)・・・50歳代に多い

  • 加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化(血管が硬くなる症状)が原因と考えられます。動脈硬化になると血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず、EDが起こりやすくなります。
  • 糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病の人では、血管に大きな負担がかかるために、しばしば動脈硬化が進行していることがあります。そのため、結果としてEDが起こりやすくなります。また、喫煙や過度の飲酒も同様の理由から、EDを引き起こす原因と考えられています。
  • その他、神経が傷害される病気(脳出血、脳腫瘍、脳外傷、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病など)、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような手術・外傷、一部の泌尿器系の病気でもEDが起こりやすくなります。

「動脈硬化は高血圧、糖尿病、高脂血症ほか、EDとも関連が深い!」

ページ先頭へ

精神的なストレスがある場合(心因性ED)・・・30歳代、40歳代に多い

 精神的なストレスがあると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このEDを心因性EDといい、その原因は実にさまざまです。仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交がたまたまうまくいかなかったことよるトラウマが原因となることもあります。このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させることもしばしばです。

「最近では、子供を作ろうという夫婦間で、排卵日が精神的なプレッシャーになり、EDになるケースも増えている」

ページ先頭へ

動脈硬化の進行や神経に障害があり、
精神的案ストレスがある場合(混合型ED)・・・50歳代、60歳代に多い

 EDの現状をみると、ストレスだけが原因、あるいは動脈硬化の進行や神経に障害があるだけが原因ということは少なく、どちらの要素も合わさった混合型EDが多いと考えられています。特に、糖尿病や高血圧、外傷などに精神的な要素が加わってEDになっていることが多いといわれています。

50歳代、60歳代の多くが心と体両方にEDの原因をかかえている!

ページ先頭へ

ある薬剤を服用している場合(薬剤性ED)

 一部の種類の薬剤には、EDの原因となるものがあります。

  • 中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬を含む向精神薬
  • 末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
  • 循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
  • 消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬

いつ始める?ED治療

ページ先頭へ

Dr.サブローのマンガでわかるED治療

ちょっと待って!そのシアリス錠本物ですか?

シアリス錠の偽物にご注意ください。

みんなの誤解度をかんたん診断

ED対策、みんなはどう思ってる?ED治療の誤解と真実

自分もそろそろ若くないと考えるきっかけになることは?

ED対策、みんなはどう思ってる?ED治療の誤解と真実

飛田医院
飛田 収一先生

医師のコメントを見る

アプリのご紹介

EDケアサポート モバイル/EDが相談できる病院検索

AllAbout
参考サイト AllAbout EDガイド
新宿ウエストクリニック室田院長