ドクターからのメッセージ

ED治療薬は医師の処方が必要な医薬品です。インターネットなどでの個人輸入によるED治療薬の安易な使用はお控えください。

中国・四国地域のドクターからのメッセージ

岡崎 敏也(おかざき としや)先生
おかざき泌尿器科クリニック
岡崎 敏也(おかざき としや)先生

東広島市JR西条駅より徒歩5分にある泌尿器科です。平成11年の開業以来、「専門の医療を提供する」、「患者さん本位の医療をする」「安心と信頼を大切にする」という3つの方針のもと診療しています。

インタビュー

受診までの流れを教えてください。

EDを始めとする自費診療のご相談の場合、受付で「自費診療をお願いします」とお伝えください。受付では、来院目的や症状を聞くことはしませんのでご安心ください。また自費診療の場合は、保険証を提出する必要はありません。受付で問診票をお渡ししますので、診療内容の項目に記載のある「ED」もしくは「自費診療」に〇をつけてお戻しください。問診表には、診察にあたっての希望を伝えるスペースもあります。例えば、「不快な検査はしたくない」「料金のことが心配だ」など大概のご希望はあげてありますので○をつけるだけでけっこうです。
診察室内は、医師と二人だけになります。看護師は立会ませんので、ED治療で不安に感じていることなど男同士ですから恥ずかしがらずにお話ください。診察は、EDの症状について確認し、ED治療薬を服用するにあたって問題がないかといった点を中心に確認します。最近の健康診断の結果や普段服用している薬等あればご持参ください。服用に問題がなければ、服用に際しての注意事項を説明し、ご希望であれば診察室内でお薬をお渡しています。

診察の際、心がけている点を教えてください。

受付時の問診票にも記載していますが、患者さんの望む診察をするように心がけています。EDについてじっくり話を聞きたい患者さんには時間を取るようにしていますので、初診で来院された際にはぜひ不安を解消してほしいと思います。逆に早く診察を終えたいと思っている患者さんにはなるべく早くお帰りいただけるよう工夫しています。

ご施設のホームページで工夫されている点、特にご覧いただきたいページがあれば教えてください。

当院のホームページ内にEDの料金を記していますので来院前にぜひ参照ください。http://homepage3.nifty.com/okazaki-hinyoukika/

ご施設に通院されている患者様の年齢層や特徴について教えてください

20代から90代と幅広い患者さんがED治療で来院されています。年代では50代と70代の患者さんが多いように感じています。

受診をためらっている患者さんにメッセージをお願いいたします。

「ED」という言葉はだいぶ定着してきたと思いますが、完全に勃たなくなることだけをEDと誤解している人がまだまだ多くいらっしゃるように感じています。EDとは、満足な性行為をおこなうのに十分な勃起が得られない、または維持できない状態のことを指します。EDの相談カードを出していただいたら看護師が診察室から出るようにしていますし、診察室内でED治療薬を処方・会計を済ませることができるなど気軽に相談できる体制は整えていますので、少しでも不安を感じたら相談しに来てほしいと思います。

病院データ

病院名 おかざき泌尿器科クリニック
郵便番号 〒739-0015
住所 広島県東広島市西条栄町10-30 キョーエイ栄町ビル2F
電話番号 082-431-3876
診療時間 月~土 9:00~12:30 15:00~18:30
但し、木・土の午後診と日・祝は休診。
Page Top