ドクターからのメッセージ

シアリス®は医師の処方が必要な医薬品です。インターネットなどでの個人輸入によるシアリス®の安易な使用はお控えください。

関東(東京都を除く)地域のドクターからのメッセージ

土居 真太郎(どい しんたろう) 院長
横浜ベイサイドクリニック
土居 真太郎(どい しんたろう) 院長

地下鉄「関内駅」3番出口横、JR「関内駅」北口からも徒歩3分とアクセスしやすい場所にあります。当クリニックは“予約可能”・“男性スタッフ対応”・“個室待合”です。受付時から患者様が他の患者様と顔を合わせる事はありません。ED専門医師による診察・相談を行い、ご納得のいく説明とケアで個々のライフスタイルに合ったED治療を選択して頂きますので安心してご来院いただけます。

インタビュー

受診までの流れを教えてください。

お電話(フリーダイヤル0120-617-615)またはeメール(info@ybc-ed.jp)でご予約ください。プライバシー保護の観点から、予約制となっておりますが、当日予約も可能です。予約した日に来院ください。来院後、個室で受付をします。その際、問診票をお渡ししますのでご記入してお待ちください。
診察は、患者さんの不満を聞いて今後どいういう風にしていきたいのか?、どういう状況でEDになっていっているのか?などカウンセリングに時間を多く取っています。また必要に応じて検査(高血圧・糖尿病など)を実施し、個人に沿った治療方針を決定します。治療方針が決まったら、先生が処置を行います。薬の服用、器具の使用方法などの説明を行います。口に入るものだからこそ、安全で安心な経口薬治療法をしっかりと説明した上でお渡ししております。ED治療は、自由診療(自己負担)です。保険証は必要ありませんが、服用されている薬があればご持参いただくかメモ用意に薬剤名を控えて来院ください。お薬は会計時にお渡しします。

診察の際、心がけている点を教えてください。

患者さんのEDに対する悩みや不安を取り除きたいのでカウンセリングには、1人1人に時間をかけて問診しています。同僚や友人にも相談出来ない症状であり、すべてを打ち明けて欲しいと思って診療しています。EDというと、病気にとらえがちですが、安心してセックスをするための後押しをする薬として使用していただきたいと思っています。男性には必ず起こる症状ですので、勇気を出して相談ください。

ご施設のホームページで工夫されている点、特にご覧いただきたいページがあれば教えてください。

来院される患者さんにとって見やすい、分かりやすい言葉でED治療(EDとは?、ED度チェック、治療法、治療費、来院までの流れ、Q&A)について説明していますので、来院前にご覧ください。

ご施設に通院されている患者様の年齢層や特徴について教えてください

40代から60代の患者さんが中心ですが、10代から80代までの幅広い年齢層の患者さんが来院されています。ICI治療(ペン型自動注入器)もおこなっていることもあり、関東近郊からも来院いただいています。

受診をためらっている患者さんにメッセージをお願いいたします。

EDはナイーブな疾患であり、相談出来ない人が多いのだと思います。そのためインターネットでED治療薬を購入される方が増えています。口に入るものだからこそ、無闇に購入するのは危険です。当院のカウンセリングでは、患者さん自身から今まで溜まっていた悩みを打ち明けていただけるので、知らず知らずの内に30分から1時間くらい時間が過ぎてしまいます。来院されて悩みを打ち明ければ、それだけで楽になる患者さんが多数いらっしゃいます。当院では薬を押し売りするわけでもありませんので、安心して来院ください。

病院データ

病院名 横浜ベイサイドクリニック
郵便番号 〒231-0014
住所 神奈川県横浜市中区常盤町3-36 関内SSビル6F
電話番号 045-681-6100
診療時間 月~土 10:00~20:00
但し、日・祝は休診。
Page Top