ED(勃起不全)ケアとシアリスの情報サイト
日本新薬のEDケアサポート
EDは最初に自覚できる生活習慣病!

シアリスは医師の処方が必要な医薬品です。
インターネットなどでの個人輸入による
シアリスの安易な使用はお控えください。

ED(勃起不全)ケアとシアリスの情報サイト 日本新薬のEDケアサポート EDは最初に自覚できる生活習慣病!

印刷用ページへ

EDは最初に自覚できる生活習慣病!

10年後を見据えた、早期の対策を

30代以上で、ときどき勃起しなかったり、途中で元気がなくなったりという男性は、実は驚くほど多い。しかし「誰に相談していいのかわからない」「自分の症状が治療の対象になるのかわからない」などの理由で、対処を先送りにしている人が多いのではないか。ところがこのED、最近では血管障害や生活習慣病の予兆でもあるという考え方から、治療の重要性を説く医師が増えつつある。帝京大学医学部附属病院泌尿器科教授堀江重郎先生にED治療の必要性を伺った。

EDとは、30代以降の男性にとって身近な症状

EDとは、30代以降の男性にとって身近な症状EDとは、Erectile Dysfunctionの略語で、勃起障害のこと。しかし勃起がまったく起こらないケースに限らず、硬さが不十分、勃起状態が維持出来ないなど、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態全般をさす。つまり「ときどき元気がない」という場合も含め、本人が勃起に満足を得られない場合もEDとして治療の対象になる。

しかし、現実には支障があっても「疲れているから」「ストレスが溜まっているから」と考えて、自分がEDだと気づかない人も多い。この点について堀江先生は「EDの原因の約87%は器質性による、つまり血管の老化が関係していると考えられます。事実、動脈硬化を基礎に持つ高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病といった生活習慣病やメタボリックシンドロームと合併していることが多いのです」と指摘する。

EDになる理由のひとつは、血管が不健康なこと

帝京大学の調査によると、20歳から60歳、平均40歳の150人のうち、ごく軽度なケースも含めて50%がEDと診断された。しかし実際には「まだそれほど重症ではない」「勃起が衰えているのは病気ではない」「医師に相談するのは恥ずかしい」などと考え、治療を先送りにする男性が多いという。しかしここにきて、「EDは全身の血管の健康状態を示すバロメーターである」という見方が急速に広まってきている。

動脈硬化は、細い血管から順に現れることが多い

「EDになる理由のひとつは、血管が不健康なこと。細い血管である陰茎動脈の障害によってEDは起こります。そのままの生活習慣を続けていると、10年後には動脈硬化がすすみ、より重篤な疾患が現れることも考えられます」と堀江先生は警鐘を鳴らす。

事実、アメリカでのEDを持つ男性を対象とした調査でも、EDを持つ男性が高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併している割合は極めて高く、その後の循環器疾患の発生率が優位に高いという結果がでている(Ponholzer A et al. EurUro 2005)。

「EDは全身の血管障害の中でいちばん初めに起こるもののひとつで、かつ他の兆候と違い自分でもハッキリわかるもの。この段階で行動を起こすことが重要です。10年後の健康を見据えて早めに治療する必要があるのです」。

ED症状は、男性が自分の健康を見直すチャンス

ED治療には、PDE5阻害薬というものが用いられる。勃起を妨げるPDE5という酵素の働きを阻害して、勃起の維持を助ける働きがある。堀江先生は、現在新たなPDE5阻害薬を用いてEDの治療に取り組んでいるという。実際にはどのように処方されるのか。「まずEDとその治療に用いるPDE5阻害薬についてきちんと説明します。特別な検査は不要で簡単な問診で処方することができます。また、EDは高血圧や糖尿病、うつ、排尿障害を合併していることが多いので、生活習慣病のチェックをお勧めしています」。

また堀江先生は、PDE5阻害薬が持つ可能性に注目し、新たな治療を実践している。「ED治療を希望する患者さんに、PDE5阻害薬を週1回服用してもらうようにしています。ED治療に使うPDE5阻害薬には長時間PDE5酵素を阻害するものがあります。この作用が血管内皮の状態を良くし、血管の機能を回復したり、健康な状態を維持する働きがあるとの報告があり、血管疾患のひとつであるEDそのものの改善につながるのではないかと私は考えています。高血圧に対しても以前は血圧が高いだけ血圧を下げる治療が行われていましたが、現在では持続的に血圧を下げる治療に移行しています。今後はED治療も、血管の改善を目指すものになるのではないでしょうか」。

EDを早めに治療することは、10年後の健康を守る

最後に、男性の健康管理にパートナーである女性はどう関わっていくべきなのか聞いた。「EDは本人だけでなく、パートナーも気づくことができる生活習慣病。ED症状に気づいた初期段階で病院に相談するよう、ぜひ勧めていただきたいのです。身近なクリニックでもよいでしょう」。実際、治療を受けた人たちからは、「夫婦仲が良くなった」「自信を取り戻した」「若々しくなった」という、うれしい報告が続々と寄せられているという。

EDを早めに治療することは、10年後の健康を守ることにつながる。まずは自分の体を知ることから始めてみてはどうだろうか。

Dr.サブローのマンガでわかるED治療

ちょっと待って!そのシアリス錠本物ですか?

シアリス錠の偽物にご注意ください。

みんなの誤解度をかんたん診断

ED対策、みんなはどう思ってる?ED治療の誤解と真実

健康のためによいと言われている自転車通勤、1日あたりどのくらい乗るとEDになりやすい?

ED対策、みんなはどう思ってる?ED治療の誤解と真実

浜松町第一クリニック横浜院
院長 渡邉 泰治先生

医師のコメントを見る

アプリのご紹介

EDケアサポート モバイル/EDが相談できる病院検索

日本新薬の疾患啓発サイト

  • 肺高血圧症治療サポート
  • アルコール依存症治療ナビ
  • おはなのおなやみ
  • おしえて生理痛

AllAbout
参考サイト AllAbout EDガイド
新宿ウエストクリニック室田院長